道の駅みま 四国宇和島・愛媛・高知への中間位置、お食事・お買い物・休憩などドライブの中継ステーションに。

施設紹介

美術館情報

1 / 512345

◆森本猛展―季の想い―

森本猛(1956~ )は、宇和島市出身の画家です。現在は熊本市に住み、郷里宇和島やその後移り住んだ土地土地で肌で感じてきた記憶や観てきた心の風景を描き続けています。
「私は具象と抽象の間を行ったり来たりしながら、心に留まる物や風景、想いを描いてきた。それは遠い過去の懐かしい記憶や言葉にできないような人の想いであり、五感を通して得た私の感性を画面に表すことである。」
今展では、身近な風景から発想を得た作品を主に展示しています。高校生のころからスケッチを繰り返してきた宇和島の風景、その後移り住んだ松山市堀江の海岸線、人吉市の球磨川沿い、阿蘇に広がる草原の風景などが混ざり合った森本の心の風景が、穏やかな色彩となって作品の数々に立ち現れています。
「描き続けてきた風景は、私自身である。見えないものを描きたくて、私の中の私と対話を繰り返す。」
観る者の心に染みこんで、静かに語りかけてくる森本の作品をご鑑賞ください。



会  期:2022年5月20日(金曜日)~2022年8月1日(月曜日)
休 館 日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
開館時間:9時~17時(受付は16時30分まで)


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期などが変更になることがございます。

◆畦地梅太郎 ライチョウとの語らい

宇和島市三間町出身の版画家 畦地梅太郎は、山をこよなく愛し、多くの山に登りました。
自らが山歩きの中で得た経験から生み出された作品には、山に生きるものたちへの慈愛があふれています。なかでもライチョウは山の生命の象徴として描かれており、梅太郎の生命に対する温かいまなざしが表れています。
今展では、ライチョウと触れ合う山男を中心に展示します。山と生命への、梅太郎の深い愛情を感じていただければと思います。




会  期:2022年2月11日(金曜日・祝日)~2022年5月16日(月曜日)
休 館 日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
開館時間:9時~17時(受付は16時30分まで)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期などが変更になることがございます。




 
◆展示替えに伴う臨時休館について

展示替えのため、下記の期間を臨時休館とさせていただきます。

  令和4年2月9日(水曜日)・10日(木曜日)

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

◆井関喜代水彩画展 感動を彩る

井関喜代は、愛媛県宇和島市出身の水彩画家です。「暮らしの中の感動を彩る」をテーマに、花や果物、野菜など日常の中にある季節を彩るモチーフを描き続けてきました。自分の心や肌で感じたものを観る者に静かに語りかけてくる水彩画です。
四季折々の風景、風の音や匂いなど、井関が日々の暮らしの中で出会った感動をご一緒に感じていただければと思います。

会  期:2021年11月17日(水曜日)~2022年2月7日(月曜日)
休 館 日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)・1月1日(土曜日・祝日)
開館時間:9時~17時(受付は16時30分まで)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期などが変更になることがございます。
◆8/15更新【お願い】感染防止対策へのご協力について

全国的な感染拡大や、愛媛県において警戒レベルを「感染対策期」へ引き上げた(8月11日)ことを受けて、従来までの感染拡大防止対策に加えて、畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館の入館制限を行いますのでご協力願います。

 
※令和3年8月14日(土)から当面の間

 [追加対策]

  • 館内の混雑が懸念された場合、入館者数を制限します。


[従来までの対策]

  • 館内の中を観覧する際は、適度な間隔(1~2m程度)を保ってください。

  • 受付でお並びいただく場合は、前のお客様との間隔にご注意ください。

  • マスクを着用の上、咳エチケットにご留意ください。

  • 発熱など風邪の症状のある方や、体調のすぐれない方は入館をご遠慮ください。

  • 館内入口などに消毒液を設置しておりますので、手指消毒のうえご入館ください。

◆畦地梅太郎下絵・版画展-版画の始まりと終わり-

三間町出身の版画家、畦地梅太郎の描いた下絵(原画)と、

その下絵をもとに制作された木版画を並べて展示します。

下絵と木版画を見比べることで、梅太郎が作品制作を行う際の

工夫を味わっていただければ幸いです。

 

◆開催期間◆


令和3年8月6日(金曜日)~令和3年11月8日(月曜日)


休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)


※山の日(令和3年8月8日(日曜日))に限り入館料無料。
ただし、新型コロナウイルスの状況により中止となる場合があります。

※都合により、下記の日程の多色刷り体験を休止させていただきます。

令和3年8月6日(金曜日)


なお、当日は宇和島市立歴史資料館で多色刷り体験イベントを行っております。

 

◆「土居明生木口木版画展-ふるさと賛歌-」

土居明生は、県内でも数少ない木口木版画家です。

愛媛県上浮穴郡久万高原町出身の土居は、「ふるさと賛歌」

を一貫したテーマとして、ふるさとの情景や先祖伝来の田畑に

生きる老人の姿を、詩情豊かに表現し続けています。

その表現手法である木口木版は、堅い木を輪切りにし、その

木口(輪切り面)を、ビュラン(鋭利な彫刻刀)などで彫る、

精密で緻密な表現を特色とする木版画です。

特徴的な木の形状を活かした、細密な描写をご鑑賞ください。

制作に使用されたビュランや版木なども展示しますので、

ぜひあわせてご覧ください。

 

◆開催期間◆


2021年5月20日(木曜日)~8月2日(月曜日)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)


※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期などが変更になることがございます。
◆美術館 観覧再開のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止を目的に臨時休館しておりましたが、

感染防止対策を徹底したうえで6月2日(水曜日)より観覧を再開いたします。

※6月1日(火曜日)は休館日です。

※今後の感染状況次第では再び臨時休館となる可能性があります。
◆畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館臨時休館延長のお知らせ

「感染対策期」の期間延長に伴い、臨時休館の期間を下記の通り延長させていただきます。

 

 ○休館期間


  4月12日(月曜日)~5月31日(月曜日)


大変申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願いいたします。​
◆畦地梅太郎記念美術館・井関邦三郎記念館臨時休館のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の期間を臨時休館と

させていただきます。

 

~休館期間~


4月12日(月曜日)~5月19日(水曜日)


大変申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願いいたします。

1 / 512345